• PEOPLE

  • 通信

TEMSの明日を、この手でつくる。

  • NAME :

    S.S.

  • JOINED YEAR :

    2016年 入社

「現場第一線」に惹かれて。

  • TOPIC 1

    学生時代

    高校生の頃から数学と物理が好きでした。問題を解くために公式を応用して、答えを導き出す。そのプロセスが好きだったんだと思います。大学進学の際は、迷わず理系の道を選びました。研究対象に選んだのは、液晶ディスプレーなどの材料である「有機EL」。模型に電気を流して、想定通りに光るかどうかを実験し、その結果を分析しました。もちろん、すべてが思い通りになるわけではありません。想定通りに光らなかったときは原因究明にいそしみます。そして光ったときも「なぜ光ったのか」と理由を探ります。あらゆる結果に対して「なぜ?」という疑問を持ち、試行錯誤するのは難しかったですが、未知なる物事を知っていくことに喜びを感じる日々でした。

  • TOPIC 2

    入社理由

    就職活動に際しては、現場に出て、自分の手を動かす仕事がしたいと思っていました。当初は大企業のインターンシップや説明会にも参加しました。でも、大企業の電気系職種として働くと、すぐに管理業務を担当するケースが多いことを知り、視野を広げることにしました。TEMSに惹かれたのは「現場第一線」で電気設備のメンテナンス業務に取り組んでいるからです。学生時代に学んだ電気の知識を生かせる点や、業界として安定している点などを理由に、もともと鉄道業界には興味がありました。なので「自分がしたい仕事はこれだ!」と直感しました。ここで働きながら、自分の手でメンテナンスを行い、自分の仕事の成果や手応えを感じたいと思い、入社を決意しました。

乗客の安全に欠かせないもの。

  • TOPIC 3

    仕事内容

    私が所属している東京支店東京通信サービスセンターは、首都圏を走るJR東日本各線における通信設備のメンテナンスを担当しています。山手線や中央線、常磐線、総武線、埼京線などの路線が対象です。ITV装置をはじめ風速計、列車無線などメンテナンス対象は多岐にわたります。ITV装置はホームを撮影し、駅員が見るモニターに映像を映し出します。乗客の皆様の安全にとって欠かすことのできない設備です。風速計は規定値を超える風速を計測したときに、速やかに列車にその情報を伝えるもの。これも非常に重要な役割を担います。私は日頃からそれら通信設備のメンテナンスを実施し、故障・劣化を発見したときは速やかに対応しています。

  • TOPIC 4

    仕事のやりがい

    一般のお客様では入れない駅の裏側を見られるので非常に面白いです。学生時代、通学で利用した新宿駅の裏口通路を歩いたときは、思わず「なるほど。ここがここにつながっているのか」と驚きの声を上げてしまいました。また、駅員の方々から感謝の言葉をかけてもらえることもやりがいです。通信設備においては、無線電話が使えなかったり、カメラが映らなくなったりと、早急な対応が求められる場面が多いです。どの設備も、お客様の安全に直結する重要なもの。現場に向かい、原因究明を急ぎます。無事、問題が解決できたときは達成感がありますし、「ありがとうございます」と駅員の方が言ってくださると嬉しいです。

JR東日本のパートナーとして。

  • TOPIC 5

    印象的なエピソード

    以前、首都圏エリア32駅の構内に設置された、放送設備の差し替え工事に携わりました。私は施工管理担当者として、工事のスケジュール管理や必要な材料の手配などに取り組みました。工事も残りわずかとなった頃のこと。必要な材料が足りないことに気がつきました。「このくらいで足りるだろう」という甘い考えが招いた重大なミスです。どうしていいか分からず、頭は真っ白に。でも、先輩はそんな私に対して「大丈夫。まずは追加の材料を調達しよう」と優しく声をかけてくれました。他にも先輩からさまざまなアドバイスをもらいながら、何とか期日までに工事は完了。ほろ苦い思い出ではありますが、準備の大切さを学んだ出来事です。

  • TOPIC 6

    これからの目標

    現在TEMSは、最新設備の導入やAI化・ロボットの普及を通じて、より一層メンテナンス業務の高効率化を推進しています。そして、これからもJR東日本のパートナー会社として、蓄積してきた経験や技術を生かし、鉄道インフラの未来に貢献していきます。私自身もその流れに柔軟に対応し、会社に寄与したいと思っています。また、近年TEMSでは、女性社員の採用数を積極的に増やしています。今後も技術職の女性社員として日々の仕事に励み、新しく仲間になる方々の目標になれるような存在になりたいです。

OTHER CONTENTS