• PEOPLE

  • 変電

変電に、一心に。

  • NAME :

    T.K.

  • JOINED YEAR :

    2013年 入社

新鮮な気持ちを大切にしたい。

  • TOPIC 1

    学生時代

    幼少期はラジコンで遊ぶことが好きでした。操作することはもちろん、「故障した部品を直すこと」にも夢中でした。パーツが欠けたり、アンテナが折れたりしたら、新しい部品と交換します。ときには、モーターが故障することも。その際はドライバーで本体を分解して、正常なラジコンと見比べながら、基板を取り換えたり、ギヤに傷や汚れがないかを確認したりします。知識が豊富にあるわけではないので苦労も多かったですが、自分の手で直せたときの感動はひとしおでした。高校に進学しても、ものづくりに対する熱は冷めず、選択授業では風力発電機の模型づくりを行う授業を選び、クラスメイトとともに製作に励みました。

  • TOPIC 2

    入社理由

    TEMSはJR東日本のパートナー会社として、さまざまな鉄道電気設備のメンテナンスを担っています。業務内容も多岐にわたるため、日々の業務に飽きることなく、常に新鮮な気持ちをもって取り組めると思いました。教育や福利厚生に力を入れている面も魅力的でした。栃木県小山市に研修専門の施設「TEMS技術学園」があります。そこで信号機や変電設備など実際に現場で使われているものに触りながら、一からメンテナンス業務を学ぶことができます。また、メンテナンス業務は「休みが少ない」というイメージを抱いていましたが、TEMSでは休日をしっかり取れます。ここでなら安心して働くことができると感じ、志望しました。

「変電」の大きな使命。

  • TOPIC 3

    仕事内容

    千葉支社の木更津サービスセンターは、木更津エリア内にある変電所の各種変電設備のメンテナンスを行っています。変電設備の役割は、発電所から届く特別高圧の電気を、鉄道信号機や電車線といった各用途に適した電圧に変えること。鉄道電気設備を動かすために欠かせない重要なものです。私は各種変電設備の検査・修繕作業の計画から施工、報告まで、一貫して担当しています。検査の際は変電所内を巡回し、異常がないかを確認します。また、千葉支社では所属系統による業務内容の区別がないため、電車線や電灯設備なども扱っています。幅広い経験を積み重ね、スキルアップを目指しています。

  • TOPIC 4

    仕事のやりがい

    多様な機器のメンテナンスができることにやりがいを感じます。変電設備と一口に言っても、大きさやメーカーは多岐にわたります。さらには、設備が設置される環境によって、部品の劣化度合いや注視すべき部分も違います。たとえば、海が近い地域に建てられた変電所だと、吹き込んでくる海風によって部品にサビが生じやすいです。そのため、サビの進行具合に注意しながらメンテナンスを行い、必要であれば部品を取り替えます。設備それ自体にとどまらず、設置場所や地域特性などの条件を考慮しながら業務を行う。ときに困難を伴いますが、自ら不具合箇所を見つけ、修繕を終えたときの充実感は大きいです。

未来の自分を見据える。

  • TOPIC 5

    印象的なエピソード

    TEMSでは「技術競技会」と呼ばれる大会が定期的に催されます。目的は社員の知識および技術レベルの向上です。支社ごとに、各系統を代表する社員が参加します。不具合の特定や修繕を模擬的に行い、安全確認なども含めた総合的なメンテナンススキルを競い合います。私は入社1年目で技術競技会に出場しました。審査項目は特別高圧交流遮断器や蓄電池制御盤などのメンテナンス。とはいえ私は入社したばかり。大きな声で指差し確認を行うなど、できることに全力を注ぎました。結果は、最優秀賞を獲得。「おまえの気合のおかげだな」。冗談だとしても、先輩からそう言ってもらえたことが嬉しかったです。

  • TOPIC 6

    これからの目標

    現在、私は変電検修工事のプロジェクトメンバーの一人として、検査マニュアル作成に携わっています。先輩にアドバイスをもらいながら、自分なりに勉強している中で、次々に新しい気づきが生まれるため、充実した日々を過ごせています。一方で、TEMSの認定制度である『技術スペシャリスト』を取得している方々と技術に関してディスカッションするたびに、自分に足りない部分に気づかされます。これからも現状に甘んじることなく、常に未来の自分を見据え、邁進していきたいです。そのためにも自分自身の知識を深めて技術を磨き、まずは『技術スペシャリスト』になりたいです。そして、業務の品質向上を図り、JR東日本からより一層の信頼を獲得するために、会社に貢献していきたいと強く思っています。

OTHER CONTENTS