WORK

すべての仕事が、「日常」につながっている。

鉄道電気設備をはじめ、駅ビルやホテルといった施設内の電気設備、
さらには風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーに関連する設備まで、
TEMSは多岐にわたる電気設備メンテナンスを手がけ、人々の安全・安心な日常を支えています。

  • 信号

    信号と聞いて多くの方が思い浮かべるのは、青=進行、赤=停止などを伝える信号機でしょう。
    しかし、鉄道の信号設備はそれだけではなく、踏切、列車の進路を振り分ける転てつ装置、
    列車の位置を検知するための軌道回路、さらにはATS(自動列車停止装置)など、多岐にわたります。
    膨大な数の設備が緻密に連動することで安全・安定輸送を支える信号設備は、鉄道の神経とも称されます。
    小さな不備が大きな事故や運休につながるため、TEMSは専門技術者を信号設備に配属し、
    高品質な検査や工事で一つひとつの設備を今日も守り続けています。

  • 通信

    「強風警報を列車に知らせる」「列車遅延をお客様に知らせる」など、
    列車の運行と利用に必要な情報を伝えるのが通信設備の使命。
    風速計や、お客様の乗降の状態を見守るITV装置、運転士と指令員が直接通話できる列車無線、
    さらに駅構内の放送設備や時計なども通信設備に含まれます。
    TEMSはこれらの設備のメンテナンスや修繕工事を行うことで、
    運行に関わる係員やお客様への速やかで正確な情報伝達に貢献しています。
    通信設備は有線設備から無線設備まで幅広く扱いますが、
    TEMSの技術者は担当する設備に特化した研修を受け、
    資格を取得するなど、それぞれが高い専門性を身につけています。

  • 電車線

    電車線の役割は、変電所から送られる電気を電車に供給することです。
    電車のパンタグラフに電気を送るトロリ線や、それらを支える電柱といった支持物などが電車線に属します。
    TEMSは軌陸車(軌道陸上兼用車)や高所作業車を用いて、緻密なメンテナンスを実施しています。
    ICTの活用と目視を組み合わせた検査によって、
    広範囲に張り巡らされた電車線全体の健全化を実現し、電車の運行を最前線で支えています。

    電車線のメンテナンスは、最終電車が運行を終えた夜間に行います。
    始発までという限られた時間内での作業になるため、現場には独特の緊張感が漂います。
    その中で社員一人ひとりが安全を第一に、チームで協力しながら取り組んでいます。

  • 電灯電力

    駅の照明をはじめ、お客様へのご案内として運行時刻を表示する発車標、
    番線や行先を表示する電気掲示器といった電灯電力設備のメンテナンスを行っています。
    また、駅の利便性向上を目的に設置されている空調、自動券売機、自動改札機、エレベーターやエスカレーター、
    さらには駅の商業施設などに電気を供給するための設備もメンテナンスの対象です。

    駅構内は、単に電車の乗り降りをする場から、食事やショッピングを楽しめる場へと変化しています。
    そのような変化・発展に伴い、電灯電力設備の重要性も高まっています。
    お客様がより快適に駅を利用できるよう、駅構内の電気設備を正常に維持するーーー
    TEMSはその大きな使命を担っています。

  • 変電

    JR東日本やその他電力会社の発電所から届く電気は「特別高圧」と呼ばれ、
    非常に電圧の高い電気です。この特別高圧の電気を鉄道や駅で使うために、
    各用途に応じた電圧に変えることが変電設備の主な役割です。
    具体的には、変圧器や整流器、電気を入切する遮断器、そして各機器を制御する配電盤などがあります。
    TEMSは各機器の点検を行うことで電力の安定的供給に寄与しています。

    変電設備はさまざまなメーカー・年式から構成されており、各変電所において組み合わせが異なっています。
    そのため電気に関する幅広い知識が習得でき、
    技術のスペシャリストとしての醍醐味を味わうことができます。

  • 給電

    発電所と変電所へ電気を送る送電線、鉄塔等を給電設備と呼びます。
    JR東日本が所有する水力・火力発電所をはじめとする給電設備の検査と修繕工事を行うことで、
    鉄道への電気の安定供給をより確実なものにしています。
    仕事に必要なのは、第一に電気分野の高い専門性。
    さらに水力発電所や送電線では、周辺の自然環境との関わりも求められます。
    信号設備や電車線設備といった鉄道インフラに直接関わる電気設備だけではなく、
    電気供給の大本となる給電設備まで一貫して手がけることができるのは、
    鉄道電気設備の総合エンジニアリング企業であるTEMSならではの強みです。

  • ビルメンテナンス

    TEMSは鉄道関連のみならず、駅ビルをはじめホテル、野球場、大学、区役所まで、
    幅広い電気設備のメンテナンスを行っています。
    また、ビル内の電気設備の運転監視業務、経済産業省所管の
    保安管理業務外部委託承認制度による電気主任技術者の受託業務も行っています。

    電気設備の定期点検では、各種計測器を使用して設備が正常に機能しているかを確認し、
    設備の異常を発見したときは直ちに修繕工事を実施します。
    電気設備の運転監視業務では、安定した電気を供給するために
    電気設備をモニターで常時監視し、停電発生時は早期に対応します。
    電気主任技術者は、電気設備が法令の基準に適合していることを定期的に確認するなど、
    電気設備の維持と運用を行っています。

  • 再生可能エネルギー

    地球環境への負荷が少ないことから、近年注目が高まる再生可能エネルギー。
    特に風の力により発電する風力発電所は飛躍的な伸びが期待されており、
    再生可能エネルギー事業は今後大幅な拡大が見込まれます。
    TEMSでは、JR東日本やJR東日本グループ会社が運営する、太陽光発電所と風力発電所の電気設備の点検業務、
    さらにはこれら発電所の保安管理業務も行っています。
    再生可能エネルギー事業は、JR東日本グループとしても新しい取り組みとなりますが、
    TEMSの長年にわたる鉄道電気設備メンテナンスの実績を評価され、これらの業務を任されています。

  • 事務職

    「財務」「人事」「総務」の3つの領域で、TEMSの現場を支えることが事務職のミッションです。
    各部それぞれ関連性があり、幅広い業務を通して事業の発展に貢献しています。

RECRUIT

採用情報