• WORK

  • 変電

電力の安定的供給に寄与する

JR東日本やその他電力会社の発電所から届く電気は「特別高圧」と呼ばれ、
非常に電圧の高い電気です。この特別高圧の電気を鉄道や駅で使うために、各用途に応じた電圧に変えることが変電設備の主な役割です。
具体的には、変圧器や整流器、電気を入切する遮断器、そして各機器を制御する配電盤などがあります。
TEMSは各機器の点検を行うことで電力の安定的供給に寄与しています。

変電設備はさまざまなメーカー・年式から構成されており、各変電所において組み合わせが異なっています。
そのため電気に関する幅広い知識が習得でき、技術のスペシャリストとしての醍醐味を味わうことができます。

主な仕事内容

  • 特別高圧遮断器検査

    特別高圧遮断器とは、異常な電気を素早く切るための設備です。変電所には7,000V以上の高い電圧の設備があるため、万一故障が生じると別の設備に障害を及ぼすことがあります。故障時に機器がキチンと動作するよう、TEMSは日頃から検査を行っています。

  • 直流高速度遮断器検査

    直流高速度遮断器は、電車線の故障時に役目を果たします。変電所と電車線にある故障発生箇所を速やかに切り離し、他の設備への障害拡大を防いでいます。TEMSは直流高速度遮断器の定期的な検査を行っています。

  • 操作連動試験

    操作連動試験は、配電盤から遮断器などの入切操作を行うことです。遮断器検査の最終段階において配電盤から指令を発し、遮断器が正常に動くのか確認しています。TEMSでは検査の仕上り確認をすることで、安定した鉄道の運行に貢献しています。

OTHER CONTENTS