給電の仕事

鉄道電気エネルギーの供給に携わる

給電設備は、発電した電力を電車に送るための大元となる設備です。
私たちの仕事は、水力・火力発電所の設備とそれらを繋ぐ送電線や交流変電所の設備のメンテナンスや修繕を行います。
一口にメンテナンスと言っても、その内容は様々です。法令で定めのある点検や修繕を行うことはもちろん、設備の新設や取替も業務の範疇となり、高い技術力・知識が必要とされます。事故なく安全に電力が供給できる環境作りのため、送電線周辺の巡回・伐採等をすることも仕事の一つです。
一つひとつの仕事は地道な作業ではありますが、その積み重ねが鉄道電気エネルギーの供給に繋がっていることを日々実感し業務に取り組んでいます。

この業務のココが重要

鉄道電気設備の第一走者給電

給電の仕事はまさに「雨にも負けず、風にも負けず」です。日々のメンテナンス業務はもちろん、天候や自然災害にも負けない強い環境づくりにも力を入れています。
給電設備は、電力を送り出すスタート地点にあたり、リレーに例えるならば第一走者と言えます。私たちの仕事は、次の設備に確実にバトンである電気を届ける使命があるのです。
電力供給の源となる重要な設備に携わることで、大きなやりがいを感じることができます。

鉄道電気設備の第一走者給電