INTERVIEW

先輩インタビュー

伊藤貴柾

2015年入社技術職
自らが施工した施設が世に残る!
それが、この仕事の面白さとやりがい
TEMSを選んだ理由は
メンテナンス業務に興味があったことと、
鉄道設備のメンテナンス業務という他の会社ではできないような仕事を経験できると考え、TEMSへの入社を決めました。
現在の仕事
責任者として変電設備・断路器・遮断器・変圧器・避雷器などの
検査及び修繕工事に携わっております。
また、竣工書類の作成・材料発注・外注発注・請求書類の作成なども行っております。
社歴入社後のキャリアパスについて
入社後に長野支社 長野SCに配属となりました。
今年に主任へ昇進と同時に長野支社 電力課の兼務となりました。
いずれは本店に新設された研究開発室で研究開発に携わりたいと考えています。
仕事の面白さ
自らが施工した施設が世に残ることや、その設備が電車の安全安定輸送を支えているということがこの仕事の面白さややりがいであると感じています。
仕事の中で大切にしていること
コミュニケーションです。TEMSの仕事は必ず複数人での作業となります。
勘違いや伝達ミスを引き起こさないように心がけています。
苦労した話、失敗談
当日の責任者に作業内容を聞かずに現場に行ってしまい、
検査の流れを阻害してしまったことです。
この経験から事前の準備と下調べがとても大切であると痛感しました。
入社前と入社後でイメージは変わったか
私なりにしっかり調べて入社しましたので、イメージどおりでした。
職場の雰囲気
皆がお互いにコニュニケーション取り合い、良好な関係を築けています。
また、思ったことや言いたいことを言い合える職場環境です。
ズバリTEMSの魅力を一言で
日々の鉄道運行を支えている、社会的な影響力が大きい仕事であるところです。
印象に残っている仕事は
北陸新幹線延伸区間の検査時に発見した高圧交流負荷開閉器(LBS)の不具合対応時の事はよく覚えています。
故障原因が分からなかったのでJR東日本の方と一緒に丸一日調査を行いました。
調査が長丁場だったこともあり、とても大変だったので印象に残っています。
今後の目標や、チャレンジしたいこと
新技術を習得する事と技術開発に携わり、より効率的に作業が行えるように検査手順の簡素化に取り組むことを目標としております。

学生へのメッセージ

長く仕事と付き合っていくために、自身が本当にやりたい仕事かよく考えた上で就職先を選んでいただきたいと思います。