• ABOUT

  • WHAT’S TEMS

鉄道電気設備メンテナンスのトップ企業を目指す

東日本電気エンジニアリング株式会社(TEMS)は、鉄道電気設備のメンテナンス、
調査設計、工事など多岐にわたる業務を行っており、「鉄道電気設備メンテナンスのトップ企業」を目指しています。
JR東日本のパートナー会社としての役割を果たすため、
「パートナー会社としての存在感」、「鉄道電気設備のメンテナンスのトップ企業」および
「安全管理のモデル企業」など、各期ごとに経営ビジョンを定め、社員が一丸となって事業運営を行ってきました。
これからもメンテナンスの質および安全管理のさらなる向上を企図し、
鉄道電気エンジニアリング企業として、さらに社会に貢献していきます。

トップメッセージ

当社は、1981年の創業以来、鉄道電気設備のメンテナンス、調査設計、工事など多岐にわたる業務を行っております。
この間、JR東日本の全エリアに事業を展開するとともに、東京臨海高速鉄道、IGRいわて銀河鉄道、
しなの鉄道などでも鉄道電気設備のメンテナンスを行っており、「鉄道電気設備メンテナンスのトップ企業」を目指しています。

経営の基本方針は、高い技術と豊富な経験により鉄道の安全・安定輸送に寄与することであり、
品質の高い仕事を効率的に実施できるよう日々努力しています。

今後もJR東日本のパートナー会社として「自己責任」をキーワードとして「安全で確実な施工」を行い、
鉄道電気設備の総合エンジニアリング企業として、トップレベルの高品質なサービスを提供してまいります。

代表取締役社長 黒岩雅夫

経営理念

私たちは質の高いメンテナンスと優れた安全管理を追求し、鉄道電気エンジニアリング企業として鉄道のさらなる安全・安定輸送に貢献します

TEMSが支えている鉄道

  • JR東日本全エリア鉄道

  • 東京臨海高速鉄道

  • IGRいわて銀河鉄道

  • しなの鉄道

電気・軌道総合検測車によるデータ収集業務

TEMSは検測車に添乗して、トロリ線の摩耗状態・偏位・高さ等のデータ収集業務を行っており、
在来線は年4回、新幹線においては数週間に1回程測定のために添乗しています。

  • 新幹線電気・軌道総合検測車「Easti」

    新幹線電気設備の定期検査に用いる検測車です。電車線ではトロリ線の摩耗測定 の機能を確認しています。信号ではAF軌道回路、送信電流、トランスポンダ地上子などを検測しています。通信では列車無線装置の電界強度を測定し、電波の質や電波伝搬環境を検査しています。

  • 在来線電気・軌道総合検測車「East i-E」「East i-D」

    在来線電気設備の定期検査に用いる検測車です。電車線がある区間(電化区間)用 の電車型(East i-E)と、電車線がない区間(非電化区間)用の気動車型(East i-D)が あります。信号ではATS地上子や踏切制御子、短絡電流、軌道回路など検測しています。通信では列車無線装置の電界強度を測定し、電波の質や電波伝搬環境を検査しています。

OTHER CONTENTS