電車線の仕事

鉄道設備の生命線

電車のパンタグラフを介してエネルギーを供給するための電線(トロリー線)や、これらを保持するための支持物(電柱)などの設備を電車線設備と言います。トロリー線は高速で移動する電車に電気を送るために、高さや偏位などが決められており、厳しい自然環境の中でもこれらの条件を満たさなければなりません。電車線の検査や工事は列車の終電から始発までの限られた時間内に行なう必要があり、綿密な計画と迅速な作業を行なうことが求められます。

この業務のココが重要

厳しいリミットのなかで感じる充実感

電車線の仕事は最終電車が運行を終えた夜間から始まります。始発が走るまでの短い時間の中で、チームで協力しながら迅速で丁寧な仕事を心がけます。厳しいリミットがあるなかでの作業は緊張感を感じながらも、テキパキとした仕事の様子はまさしく職人集団です。夜間の仕事を終えホッと一息つくとき、まだ明けやらぬ空に架かった電車線を見上げると「よし、今日もいい仕事をした!」という充実感に満たされます。

厳しいリミットのなかで感じる充実感